uFitは口コミで美味しいと評判の完全栄養食!実際に飲んでみた感想を完全レポ

uFitは、口コミで「美味しい」と高い評価を受けているドリンクタイプの完全栄養食。

水や牛乳にサッと溶けるから、食事に時間をかけたくないときにピッタリです。

ただ、いざ試そうと思うと、味や腹もち、使い勝手など、期待どおりのものか気になりますよね。

そこで、このページでは、uFitの口コミや僕が実際に試してみた感想を紹介します。

ぜひ、参考にして下さい!

僕は、副業の時間を作り出すため、uFitを試すことに。今では愛飲しています。

完全栄養食uFitがおすすめの人をまとめてみた

まず、僕が考える、uFitがおすすめの人は次のとおりです。

あなたがいずれかに当てはまるなら、uFitは、試してみる価値アリです。

  • 食事の時間を短縮したい人
  • 栄養はしっかり摂りたい人
  • 軽めの食事で済ませたい人
  • 美味しさにもこだわりたい人
  • 抹茶が好きな人

uFitを作るのにかかる時間は最短30秒

シェーカーに300mlの水または牛乳、uFitの粉末を入れて10秒ほど振れば、完成です。

uFitの作り方

洗い物もシェーカーしか出ないため、食事にかかる時間を大幅にカットできます。

また、uFitは完全栄養食。

uFitを食事に選べば、積極的な摂取は控えたい脂質・糖質は除き、1日に必要な栄養素の3分の1を摂ることができます

uFitの栄養素

ただ、uFitは、きちんとした食事と比べると、どうしても腹に溜まりにくいのが難点です。

ドリンクタイプであることから、すんなりと飲めてしまいます。

uFitは、「軽い食事で良い」「食後に胃が重たくなるのは嫌」「主菜・副菜・汁物・ごはんなど、アレコレ食べるのも面倒」など、食べる手間を抑えたい人におすすめです。

さらに、あなたが「味にはこだわりたい」と思っているなら、uFitは最適。

牛乳と割って飲むことで、上品な甘さとコクのある1杯を楽しめます。

uFitが含むわずかな塩分がアクセントになって、かなり美味いです。

また、あなたが抹茶好きであれば、特におすすめしたいのがuFitの「抹茶味」。

uFitの抹茶味は、静岡県産の高級な茶葉をふんだんに使っていることから、抹茶好きにはたまりません。

あなたは、uFitを選ぶことで、ドリンクタイプの食事ながら、満足のいく味とたっぷりの栄養、自由な時間を手にすることができます。

僕は、忙しい朝は食事をuFitに置き換えることで、30分以上の時間の節約に成功。正直、朝の30分はデカイです。

uFitは美味しいから、食事に置き換えても苦になりません。案外、楽しみです。

高評価の口コミ続出! uFitは「美味しい」と評判の完全栄養食

食事の時間を節約しつつも、栄養はしっかりと摂りたい人にとって、とても魅力的なuFit。

ただ、実際、食事に置き換えて満足できるかどうか、やはり心配ですよね。

uFitは、抹茶味とココア味の2種類。ここからは、それぞれの口コミをみていきます。

uFit 抹茶味の口コミ

一般的な抹茶のようで飲みやすく、美味しいです。準備や後片付けが少ないのも良いです。

他の完全栄養食のドリンクのようにドロッとしていなくて美味しい!

抹茶系の味が好きな人は美味しいと感じると思います。空腹も感じにくいです。

まずくも美味くもない。味はあまり期待しない方が良いです。

少し粉っぽい感じがしました。底の溶け残りが気になります。

uFit ココア味の口コミ

本物のココアよりは劣りますが、とても美味しいです。

程よい甘さです。人工的な甘さでなく、しっかりココアの味がします。

ダマにならず、しっかり溶けます。朝に飲んでいますが、これ1杯で昼まで大丈夫です。

ここではあえて悪い口コミも載せましたが、uFitは、良い口コミが大半を占めます

中でも、味はかなり高評価です。

とはいえ、味覚や感じ方は人さまざま。

あなたの口に合うかどうかは、飲んで確かめてみるのが一番です。

実際に飲んでみた! uFitの味や腹もち、使い勝手を徹底レビュー

ここからは、uFitの使い勝手や味、腹もちなど、僕が実際に飲んでみた感想を詳しく伝えていきます。

まずは、uFitの抹茶味から飲んでみた

僕は、uFitの公式サイトの継続コースを使って、まずは抹茶味を取り寄せてみました。

実は、僕は抹茶好きです。

詳しくは後述していますが、公式サイトの継続コースを利用すると、初回は約30%、2回目以降は約10%の割引を受けられます

また、初回に限り、シェーカーも無料で付いてきます

シェーカーがあれば、uFitが届き次第、すぐに試せますね。

継続コースといっても、いつでも解約できます。

uFitは、白い段ボールに入って届きました。

uFitが届いた

箱の中身をみてみると、uFitとシェーカー、作り方・栄養素の説明・愛飲者の声などを記載したリーフレット3枚が入っていました。

uFitの荷物の中身
uFitの荷物の中身2

作り方のリーフレットの裏は、林社長からの直筆の手紙になっていました。

uFitのリーフレット

uFitは、東京都の世田谷区にある株式会社MAKERSが製造・販売している完全栄養食です。社長は、林彗亮さんです。

手紙の内容は、いたってシンプル。普通です。とはいえ、直筆の手紙入りだと、かなり印象が良いですね。

では、さっそく、uFitを飲んでみます。

わずか30秒で完成! 完全栄養食uFitを作ってみた

uFitは、シェーカーを使って作ります。

uFitの作り方1

一般的なドリンクタイプの完全栄養食の場合、スプーンが袋の中に入っていることが多いところ、uFitの場合は別。

別途、袋に入って貼りついていました。

この点は、かなり気が利いています。

uFitのスプーンは外付け

スプーンが袋の中に入っていると、粉に埋まって見つけるのに一苦労です。探しているうちに手も汚れます。

袋を開封して鼻を近づけてみると、抹茶のなんともいえない良い香りが…!

粉のところどころに塊があるものの、きめが細く、溶けやすそうです。

uFitの粉末

シェーカーの目盛りをみながら、牛乳300mlを注いでいきます。

uFitの作り方2

なお、uFitは、冷たい牛乳または水で割って飲むことが前提。くれぐれも温かいものを入れないでください。

というのも、温かいものを加えると、uFitのせっかくの栄養素が壊れる可能性があります。また、温めた牛乳や水をシェーカーに入れて振ると、中身や蒸気が熱の作用で漏れ出したり、シェーカー自体が熱くなったりして危険です。

続いて、付属のスプーンを使って粉末を入れます。

uFitの作り方3
uFitの作り方3

粉末は、スプーンすりきり4杯が目安です。

4杯分を入れたら、蓋をきっちり閉めて10秒ほどシェイクします。

uFitの作り方4

蓋は、必ずしっかり閉めるようにして下さい。蓋が傾いていると、シェイク中に中身が漏れ出してきます。

蓋を開けて中身をチェックしてみたところ、しっかり溶けていました。

uFitの作り方5

uFitは、用意を含めて30秒ほどで完成です。

uFitの作り方6

予想を上回る美味しさ! uFitの抹茶味・ココア味を飲んでみた感想

僕がuFitを飲んでみたところ、抹茶味・ココア味のどちらもかなり美味しいドリンクであることがわかりました。

正直なところ、僕は、uFitにここまでの美味しさは期待していませんでした。

ただ、実際に飲んでみると、美味い!

抹茶味は、粉っぽさが少し残るものの、牛乳と割って飲むと不思議とバターのようなコクが出て、かなり美味いです。

uFit抹茶味の感想

ココア味は、上品な甘さとカカオのほろ苦さが特徴です。

抹茶味に劣らず、ココア味もかなり美味しいです。

ココア味で気になるといえば、溶け残りが多いことくらい。

とはいえ、僕にとっては、多少の溶け残りもご愛嬌の範囲内です。

ufitは、ダマさえも美味しいドリンクです。

uFitココア味の感想

また、uFitは、ほどよい腹もち

朝食代わりに1杯飲んだところ、ちょうど11時過ぎくらいからお腹が空き始めました。

上述のとおり、きちんとした食事に比べれば、uFItは腹もちで劣ります。

ただ、食事は、昼前くらいから腹が減るくらいがちょうど良いです。昼食をしっかり食べられます。また、胃に消化の負担がかからない分、仕事に集中できます。

これで1日に必要な栄養の3分の1をしっかり摂れるとは、uFitは、僕にとって、まさに理想的な朝食

残念なところを強いて挙げるなら、味の種類が抹茶味とココア味の二択であることくらいです。

味のバリエーションが乏しく、中には飽きてくる人もいるかもしれません。

uFitは、「いつも同じ味でもOK」と思える人におすすめです。

uFitを試した結果、僕は、朝食代わりに飲み続けていくことにしました。

僕的には、抹茶味とココア味を交互にすれば、飲み飽きません。全然OKです。

あなたも、ぜひ、uFitを試してみてください。

uFitの公式サイトはこちら

完全栄養食uFitの栄養素・原材料を詳しく解説

ここからは、uFitの栄養素や原材料について、詳しくみていきます。

完全栄養食uFitが含む栄養素

上述のとおり、uFitは完全栄養食です。1食分に23種類もの栄養素をバランスよく含みます

uFitが含む栄養素は、次のとおりです。

uFit 1杯あたりの栄養素

uFit
熱量:198.1kcal
たんぱく質:12.7g
脂質:5.6g
炭水化物:26.0g
糖質:19.0g
食物繊維:7.0g
食塩相当量:0.35g
乳酸菌:100億個
カルシウム:234.7mg
カリウム:416mg
マグネシウム:113.4mg
鉄:2.5mg
銅:0.215mg
リン:91mg
マンガン:3.935mg
ビタミンA:270㎍
ビタミンD:2.75㎍
ビタミンE:4mg
ビタミンK:110㎍
ビタミンB1:0.55mg
ビタミンB2:0.55mg
ナイアシン:5.5mg
ビタミンB6:0.5mg
葉酸:110㎍
ビタミンB12:1.2㎍
ビオチン: 6.5㎍
パントテン酸:3.3mg
ビタミンC:44mg

抹茶・ココアのどちらも、含む栄養素の量は同じです。

uFitは、粉末50gで1杯分。198kcalです。

uFitには、1日に必要な栄養素の3分の1が1杯にギュッと詰まっています

たんぱく質は、皮膚や筋肉、髪、骨、免疫物質、ホルモンのもととなる重要な栄養素です。

ビタミン・ミネラルは、体の機能が正常に働くのに重要な役割を果たします。

また、uFitの最大の特徴は、乳酸菌。100億個もの乳酸菌を含む完全栄養食は、uFitが世界で初です。

さらに、バナナ3本分に相当する食物繊維が入っていることから、uFitを飲めば、毎朝スッキリ快腸です。

朝、トイレで時間がかかるのは避けたいもの。トイレに入ったら、すぐさまスルっと出るのが理想的です。

腹が張っていたり、ニゴニゴと調子が悪かったりすれば、仕事のクオリティも下がってしまいます。

また、低糖質・低脂質であることも、uFitの特徴のひとつ。太りにくいです。

低糖質・低脂質な食べ物は、エネルギーとしてすぐに燃焼されるから、脂肪として蓄積されにくいです。uFitは、糖質64%オフ、脂質58%オフとなっています。

uFitは、糖質にマルトデキストリン、脂質にココナッツ由来のMCTオイル(中鎖脂肪酸油)を使用

いずれもエネルギーとして燃えやすく、脂肪として蓄えられにくい性質があります。

マルトデキストリンは、でんぷんを酵素分解したもの。体の中で燃えやすいから、速やかなエネルギー補給・疲労の回復に優れています。

MCTオイルは、ココナッツ由来の希少なもの。脳のエネルギーにもなることから、仕事のパフォーマンスの向上も見込めます。

uFitは、仕事を効率よくアクティブにこなしていきたい人にピッタリの食事といえます。

完全栄養食uFitを牛乳で割ったときの栄養素

ここで、uFitが含む栄養素をみていきます。

uFitは、牛乳と割って飲むことを前提にした完全栄養食。

そのため、uFitを牛乳で割ったときの栄養素を記載します。

熱量:400kcal
たんぱく質:22.6g
脂質:17.0g
炭水化物:40.4g
糖質:33.4g
食物繊維:7.0g
食塩相当量:0.35g
乳酸菌:100億個
カルシウム:564.7mg
カリウム:866mg
マグネシウム:143.4mg
鉄:2.5mg
銅:0.245mg
リン:370mg
マンガン:3.935mg
ビタミンA:498㎍
ビタミンD:3.65㎍
ビタミンE:4.3mg
ビタミンK:116㎍
ビタミンB1:0.67mg
ビタミンB2:1.0mg
ナイアシン:5.8mg
ビタミンB6:0.59mg
葉酸:125㎍
ビタミンB12:2.1㎍
ビオチン: 11.9㎍
パントテン酸:4.95mg
ビタミンC:47mg

このように、uFitを牛乳で割って飲めば、たんぱく質とカルシウムの摂取量がアップ

美味しさも一段と増します。

ただ、牛乳が加わる分、当然ながらカロリーも高くなります。

uFitを牛乳割りで飲んだ場合、1杯あたり400kcal。水割りなら、1杯198.1kcal。

牛乳と飲んだ方が栄養面では高いものの、体重が気になる人は水割りで飲む方が良いかもしれません。

とはいえ、長く飲み続けるには、味はやはり重要。僕としては、uFitは、やはり牛乳と割って飲むことをおすすめします。

完全栄養食uFitの原材料

続いて、uFitの原材料をみていきましょう。

uFit 抹茶味の原材料

uFit抹茶味の原材料

原材料
マルトデキストリン、大豆たんぱく、ホエイ(乳清)たんぱく、イヌリン、抹茶、乾燥おからパウダー、還元パラチノース、粉末油脂(食用油脂、乳糖、デキストリン)、MCT(中鎖脂肪酸油)、デキストリン、食塩、乳酸菌(殺菌)/香料、塩化カリウム、貝カルシウム、乳化剤(大豆由来)、甘味料(ステビア)、酸化マグネシウム、ビタミンミックス(V.C、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B₁、V.B₆、V.B₂、V.A、葉酸、V.D、V.B₁₂)、カゼイン、加工デンプン、ピロリン酸第二鉄(一部に乳成分・大豆を含む)
アレルギー物質
乳成分、大豆

uFitの抹茶味で特徴的なのは、なんといっても「静岡県産の抹茶」です。

静岡県産の高級な茶葉をふんだんに使っているから、抹茶の味をしっかり堪能できます

uFit ココア味の原材料

uFitココア味の原材料

原材料
マルトデキストリン、大豆たんぱく、ホエイ(乳清)たんぱく、イヌリン、ココアパウダー、おからパウダー、還元パラチノース、粉末油脂(食用油脂、乳糖、デキストリン)、MCT(中鎖脂肪酸油)、食塩、乳酸菌(殺菌)、デキストリン/塩化カリウム、貝カルシウム、乳化剤(大豆由来)、甘味料(ステビア)、酸化マグネシウム、ビタミンミックス(V.C、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B₁、V.B₆、V.B₂、V.A、葉酸、V.D、V.B₁₂)、カゼイン、加工デンプン、ピロリン酸第二鉄(一部に乳成分・大豆を含む)
アレルギー物質
乳成分、大豆

ココア味は、抹茶の代わりにココアパウダーを使用

それ以外は、抹茶味の原材料とほぼ同じです。

ここで、uFitの原材料をみて、「食品添加物」の記載があることが気になった人もいるかもしれません。

ただ、uFitの食品添加物は、天然由来のもの、またはサプリで広く使われているものばかり。心配は不要です。

乳化剤・酸化防止剤も、品質の安定に必要な最低限のものしか入っていません。

例えば、食品添加物のうち、ステビアは、植物をもとにした甘味料です。砂糖の200~300倍の甘さがありながら、カロリーは90分の1です。

uFitは、ステビアを使うことで、低糖質・低カロリーな完全栄養食を作ることに成功しました。

また、uFitは、製造過程からも安心できます。

uFitは、国内のGMP認定工場で製造されています

GMP認定工場とは、原料の受け入れから商品の出荷に至るまでの全ての工程について、国が定めた厳しい基準をクリアした工場のことです。

uFitは、製造の面からも、安心・安全です。

uFitの製造工場

ちなみに、uFitの工場で働いているのは、なんらかの障害がある人たちです。uFitは、社会貢献にも一役かっています。

uFitは、食品添加物を含むとはいえ、厳選した食材にこだわり、国内のGMP認定工場で作られた完全栄養食です。

あなたの健康や仕事のパフォーマンスの向上に大いに役立ちます。

完全栄養食uFitは、1日1食、月20食の置き換えが目安

では、uFitは、毎日の食事にどのように組み込んでいくと良いでしょうか。

公式サイトでは、uFitの食事への取り入れ方として、1日1食、月20食の置き換えを推奨しています

というのも、食事は、栄養を摂る以外にも「噛んで食べることで体の機能を保つ」「感覚をフルに使って食を楽しむ」「生活リズムをつける」といった要素を含みます。

そこで、uFitの公式サイトでは、1日1食、月20食ほどに留めるのがおすすめとしています。

uFitのペース
出典:uFit公式サイト

uFitは1袋で15食分。月20食が推奨なら、キリ良く20食分入れてもらえると助かります…

なお、uFitを注文すると、賞味期限が8~24ヵ月先のものが届きます。常温保存でOKです。

完全栄養食uFitのメリット・デメリットをまとめてみた

ここで、uFitのメリット・デメリットをまとめてみました。

uFitのメリット・デメリット
◎ 調理・食事の時間を短縮
◎ 1日に必要な栄養素の3分の1を摂れる
◎「美味しい」「腹もちが良い」と評判
◎ 低糖質・低脂質
△ 抹茶味とココア味の二択で飲み飽きる可能性がある

上述のとおり、uFitの調理にかかる時間は30秒。ドリンクタイプだから、水分補給も兼ねてササっと飲めます。

それでいて、栄養バランスはバッチリ。味・腹もちともに良い口コミが多いです。

uFitを牛乳と飲んだ場合、1杯400kcal。低糖質・低脂質だから、ダイエット中の人でも安心です。

ただ、uFitは、抹茶味とココア味の2種類。

味のバリエーションが少なく、飲み飽きてしまう可能性があります。

とはいえ、uFitは、時短・栄養・美味しさの3拍子がそろった完全栄養食

栄養のある食事を手早く摂って時間を節約したい僕たちにとって、試してみる価値は大いにあります

まずは、実際にuFitを飲んでみることをおすすめします。

完全栄養食uFitを試すなら、公式サイトの継続コースが最安!

では、uFitは、どこから取り寄せるのが良いでしょうか。

uFitを最も安く手に入れるなら、公式サイトの継続コースの利用がおすすめです。

このほか、uFitは、amazon・楽天市場でも手に入れることができます。

ただ、amazon・楽天市場の場合、uFit1袋で5,500円。amazonの定期おトク便を使っても、5,225円です。

送料は、いずれも無料です。

一方、公式サイトの継続コースなら、初回に限り、30%オフの3,980円で試すことができます。しかも、専用のシェーカー付きです。

さらに2回目以降も10%オフの割引を受け続けられます。

送料はもちろんかかりません。

毎月、あらかじめ設定していた品が自動で届くから、いちいち注文する手間も省けます。

ただ、手元の在庫の具合によって、配達をスキップしたり、注文の数を変更したりしたい場合もあるかもしれません。

その場合、公式サイトのマイページ上から簡単に手続きできます。

uFItの支払いは、クレジットカード決済のみです。VISA・MASTER・JCB・AMEXのカードが使えます。

公式サイトの継続コースのポイント
・初回に限り、30%オフの1袋3,980円&シェーカー付き
・2回目以降、10%オフの1袋4,980円
・毎月の配達
・マイページからスキップ・味や数の変更が可能
・クレジットカード決済のみに対応

継続コースなら、初回は1杯あたり265円、2回目以降は332円です。

uFitを試してみるなら、最大30%オフの割引とシェーカーを無料でもらえる公式サイトの継続コースがおすすすめです。

uFitの公式サイトはこちら

超かんたん! 継続コースを解約する手順

継続コースと聞くと、「途中で止めにくいのは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

ただ、uFitの継続コースは、1回のみの利用で解約してもOK。全く問題ありません。

解約の手続きは、全てネットからできます。電話でするより気楽です。

継続コースの解約の手順は、次のとおりです。

ステップ1 公式サイトのマイページにある「サブスクリプションの管理」をタップ。

uFitの継続コースの解約手順1

ステップ2 ページを下にスクロールして「継続コースを解約する」をタップ。

uFitの継続コースの解約手順

ステップ3 さらに「継続コースを解約する」をタップして完了。

uFitの継続コースの解約手順

このように、uFitの継続コースの解約はごく簡単です。安心して、申し込んでみて下さい。

uFitの公式サイトはこちら

まとめ

このページでは、ドリンクタイプの完全栄養食であるuFitについて紹介しました。

uFitは、忙しい人の食事に最適です。

uFitの準備にかかる時間は、最短30秒。たった1杯で、1日に必要な栄養素の3分の1を摂れます。健康でアクティブな体づくりに役立ちます。

uFitを最安で試すなら、公式サイトの継続コースの利用をおすすめします。

uFit完全栄養食
Scroll to Top