副業の時間を作り出す!洗面所は毎日の掃除が時短のカギ

PR

副業のため、1分さえも惜しい僕たちにとって、家の掃除に時間を割くのはかなりの負担です。

ただ、洗面所は、トイレや浴室とならび、汚れやすい場所。放っておくと、すぐに水垢とカビがつきます。

そこで、手間暇をかけず、洗面所をキレイに保つには、毎日の掃除がおすすめです。

といっても、ビネガースプレーをかけて流すだけ。1分もかかりません。

このページでは、洗面所を手間暇かけずにキレイに保ち、副業の時間を捻出する方法を紹介します。

ぜひ参考にしてください!

時間をかけずに洗面所をキレイに保つ!押さえておきたい3つのポイント

僕たち会社員が副業を始めるにあたり、家で過ごす時間はとても貴重です。

できれば、家事など余計なことに時間を割くことなく、副業にだけ取り組みたいですよね。

ただ、そんな毎日では家の中が荒れていきます…。

特に、洗面所は水回り。汚れが目立ちやすいです。

そこで、副業に専念できるよう、手間暇をかけずに洗面所をキレイに保つポイントとして、次のことを押さえておいて下さい。

手間暇をかけず、洗面所をキレイに保つ3つのポイント

  • 掃除は毎日と週1回のものに分ける
  • 毎日の掃除はビネガースプレーを活用
  • 週1回の掃除は、風呂掃除のついでに済ませる

あなたは、これらの3つのポイントを押さえるだけで洗面台の掃除にかかる時間を節約でき、その分を副業に充てることができます。

では、それぞれについて解説します。

掃除は毎日と週1回のものに分ける

洗面台は、汚れを溜めないための毎日の掃除汚れを落とすための週1回の掃除に分けるのがポイントです。

そうすれば、頑固な汚れを寄せつけず、簡単な掃除で済みます。

というのも、水回りは汚れが付きやすい場所。ちょっと気を抜くだけで、すぐに水垢やカビがつきます。

洗面所は、水分・皮脂などの栄養分・適度な温度の3つが揃っていることから、水垢やカビがつきやすいのも当然です。

汚れを溜め込まないためには、毎日こまめに掃除するのがとにかく大事。

週1回、残った汚れを取り除くため、サッと擦り洗いをして下さい。

洗面所の掃除を簡単に済ませるため、毎日と週1回のものに分けて頑固な汚れを作らないのがポイントです。

毎日の掃除はビネガースプレーを活用

毎日の掃除は、ビネガースプレーをかけるだけでOKです。

具体的には、歯磨きや風呂の前にビネガースプレーを洗面台の手洗いボウルを中心に吹きかけ、そのまま放置します。

歯磨き・風呂が終わったらコップなどで水を回しかけ、雑巾で手洗いボウルの縁を水拭きして下さい。

僕の場合、雑巾は使わず、その日に使っていた手拭きタオルで拭いています。

どうせ洗濯するタオルだし、洗面所もそれほど汚れていないし、僕的には全く問題ありません。

洗面所の掃除にビネガースプレーを使うのは、ビネガーが「酸性」だから。

一方、水垢はアルカリ性。ビネガースプレーをかけることで、水に溶けるようになります

また、ビネガーには、殺菌・抗菌の作用もあります。そのため、ビネガースプレーを洗面台に使うことでカビが生えにくくなります。

ビネガースプレーの作り方は、次のとおりです。

ビネガースプレーの作り方

スプレーボトルに酢と水を1:2の割合で入れ、軽く振って混ぜる。
例:ビネガー100mlに対して水200ml

スプレー容器は、100円ショップのものでOKです。

ビネガーのツンとした臭いがどうしても苦手な人は、クエン酸で代用することもできます。

クエン酸スプレーの作り方

水100mlに対してクエン酸を小さじ1を入れて溶かす。

クエン酸は、薬局などでも手に入ります。

ただ、クエン酸は粉末。液体のビネガーに比べて、水に溶かす手間がかかります。

また、クエン酸スプレーをした後、水が蒸発すると結晶として白く残るため、二度拭きが必要です。

洗面台の掃除を簡単に済ませるには、やはりビネガースプレーがおすすめです。

僕も、使い始めはビネガーの臭いが気になりましたが、すぐに慣れました。

週1回の掃除は、風呂掃除のついでに済ませる

週1回の掃除は、風呂掃除のついでに済ませてしまいましょう。

洗面台と浴室の汚れは、基本的に同じ。水垢、黒色やピンクのカビ、せっけんカス、僕たちの皮脂などが主です。

そこで、浴室の掃除で使った洗剤つきのスポンジで洗面台を擦り洗いすることで、毎日の掃除では落としきれなかった汚れを取り除くことができます。

週1回の洗面所の掃除とはいえ、気負う必要はありません。サッと擦るだけでOKです。

毎日、ビネガースプレーで掃除していれば、洗剤で簡単に落とせるレベルです。

具体的には、浴室の掃除で使ったスポンジで洗面ボウルを擦ります。

その後、しばらく放置して洗剤の成分が汚れを分解するのを待ちます。

待ち時間の間に、鏡や洗面台のポケットといった普段は行き届かない場所について、ビネガースプレーをかけたキッチンペーパーで汚れを拭き取ります。

洗面台のポケットなどの掃除には、キッチンペーパーがおすすめ。ホコリや髪の毛がたくさん落ちているため、使い捨てできる方が楽です。

ビネガーでの拭き掃除は、一度拭きでOK。揮発とともに臭いは消えます。

そして、排水口のネットに残った髪の毛を取り除き、使い古しの歯ブラシなどでヌメリを落とします。

最後に、洗面台の洗剤を水でゆすげば完了です。

ちなみに、僕が風呂掃除で使っている洗剤は「バスクリーナー こすらずバリア」です。

「バスクリーナー こすらずバリア」は、キメの細かい泡の洗剤だから、広範囲にまんべんなく吹きかけられます

スポンジで洗面台を軽く擦るだけで簡単に汚れを落とせます。

さらに汚れをはじくバリア効果もあるから、副業のため、とにかく掃除に時間をかけたくない僕たちにピッタリです。

詳しくは、風呂掃除のページで紹介しています。ぜひチェックしてみて下さい。

洗面台の週1回の掃除は、風呂掃除のついでに済ませるのが効率的です。

排水口の臭いや詰まりが気になったらスペシャルケア

毎日こまめに掃除をしていても、気になってくるのが排水口の臭いや詰まり。

僕たちの手では、排水口の管の中まで掃除することはできません。

排水口の管の中までは到底見えないものの、汚れでヌルヌル状態になっているのは明らか。排水口のネットと同じです。

排水口の臭いや詰まりが気になってきたら、専用の洗剤で汚れを取り除いて下さい

数ある洗剤の中でも僕のおすすめは、「ジョンソン パイプユニッシュ激泡パウダー」です。

パイプユニッシュ
¥797 (2024/06/20 21:44:43時点 Amazon調べ-詳細)

「ジョンソン パイプユニッシュ激泡パウダー」は、1箱10包入り。液体の洗剤より安く、保管スペースもとりません。

パイプユニッシュ激泡パウダーの使い方はごく簡単。スティック状の袋の端を手で切って排水口に粉末を入れるだけ。

その上から180~300mlほどの水を流し込むと、泡がシュワシュワと発生し、排水口の奥へと浸透していきます。

5分~一晩そのまま放置し、水を流してゆすげば、掃除は完了です。

排水口の臭いや詰まりは専用の洗浄剤を使うのが、手間暇をかけないポイントです。

排水口の掃除の頻度は、メーカーによると2週間に1回が目安です。

ただ、僕の感覚では、2か月に1回で十分です。

さらに、排水口を徹底的に掃除したいときは、アース製薬の「マッハ泡バブルーン」がおすすめ。

これを使えば、パイプユニッシュ激泡パウダーでは行き届かない、排水口の入り口部分と水のあふれ防止の排水口も一気に洗浄。

大量の泡が2つの排水口の汚れを一気に押し流します

<画像>

ただ、マッハ泡バブルーンは、1回の掃除にかかるコストが180円以上と高め

パイプユニッシュ激泡パウダーなら、1回あたり約34円で済みます。

排水口の普段使いの掃除にはパイプユニッシュ激泡パウダー、年1回の徹底ケアにはマッハ泡バブルーンを使うのがおすすめです。

まとめ

このページでは、洗面所の掃除を時短して副業の時間を作り出す方法を紹介しました。

水回りはどうしても汚れやすい場所。

洗面所は、毎日の掃除で汚れを寄せつけないことがトータル的な時短につながります。

洗面台の擦り洗いは週1回で問題なし。排水口の臭いやつまりが気になるときは、専用の洗剤を使うのがおすすめです。

最後に、このページで紹介した市販の掃除アイテムをまとめておきます。

洗面所の掃除は便利なアイテムを使って手短に済ませ、節約できた時間をぜひ副業に充てて下さい。

洗面台の週1回の掃除におすすめ!「バスクリーナー こすらずバリア」

排水口の普段使いの掃除に!「パイプユニッシュ激泡パウダー」

パイプユニッシュ
¥797 (2024/06/20 21:44:43時点 Amazon調べ-詳細)

排水口の年1回の徹底ケア!「マッハ泡バブルーン」

Scroll to Top